グルメの旅

魅力いっぱい!山形グルメ

 

子供達のダブル受験も終わり、家族で一泊の旅に行ってきました。

と言っても、仕事を兼ねていますが^^;

いつもと違うものを見て、違うものを食べて、

違うサービスに触れて

というのは、仕事をする上で絶対的に必要で、

変化というのはいつでもインスピレーションを与えてくれます。

今回は初、山形。

高速を車で走りながら、蔵王の山並みに圧倒されました。

いつも岩手山を見ているし、山道走行なんてしょっちゅうなので

山を見たくらいじゃ驚かないよ、と思うのですが

今回まるでどーんと迫ってくるような雄大な山並みにまさに圧倒されました。

奥羽山脈蔵王連峰

自然の造形物というのはいつでも素晴らしいです。

蔵王を越えて、たどり着いたのは上山。

ずっと行きたかったこんにゃく番所にようやく到着。

なんとこれ、全部こんにゃくです。

これがこんにゃくだなんて信じられない!

焼き鳥のような食感のもの

お餅のような食感のもの

ありとあらゆるお料理をこんにゃくで再現しているという

こんにゃく専門店。

懐石は混んでいたので今回は諦めましたが

こんにゃくで表現できる限界を越えている感じがして興奮しますね。

こんにゃく番所の後ははたけカフェ。

安倍総理も訪れたという、山形の有名な観光農園。

オフシーズンなので待ち時間は短くすみました。

第7駐車場、と看板が見えました。

ハイシーズンにどれだけの人が来るんだろう?と思われる

広大な果樹園の中にある自社産直併設のカフェには

名物パフェが。

ちなみにこのイチゴのパフェ、1200円越えています^^;

お値段だけ聞くと、おおおっ💦と思うのですが

食べると納得。

これ以上美味しいパフェは食べたことがない。

トッピングのイチゴは何種類も使われていて、

下までぎっしりイチゴが詰まっています。

クリームやソフトクリームの果てまで美味しい。

何より全体のバランス感が絶妙!

季節のパフェという、その時期に農園で取れた果物で作るパフェもあり

いずれもそれなりの金額なのにお値段以上の満足感がある。

この価格とクオリティのバランス。

考え抜かれているなあ。。。

日替わりランチだと本日のパフェがついて1500円とお得です

(サービス品のため1組につき1個限定の注文)

そして今回思わぬ素敵なお店を見つけたのがこちら

仙台。

フラットホワイトコーヒーファクトリー

帰路にふと町並みを見ていたら飛び込んできた

見た瞬間に「入りたい」と感じたお店。

美味しい気配には敏感な職業病(笑)

後から調べてわかりましたが、タリーズコーヒーの創業者が震災後に作ったお店とのこと。

なるほど、納得。

店内に入ると注文はiPad。

この注文方法、いずれ飲食店で定着するのではないかと思います。

駐車場が満車で第二駐車場まである。

郊外のお店ですが「わざわざ行きたいお店」という感じがします。

いろいろな豆のことも親切なスタッフさんが教えてくれるのですが

その商品ディスプレイや販売方法はかなり魅力的なものがありました。

まさかここでゲイシャに出会えるとは思わず

若干興奮気味で注文したのは

ショットを追加したラテ。

帰路を急いでいたのでテイクアウトしましたが、今度は店内でいただきたい。

 

山形も宮城も日帰りで遊ぼうと思えば遊べる距離だなあと今回思いました。

多少忙しいですが(笑)

今度は思い切って福島まで足を運ぼうかな。

 

買い物をして外を歩いて感じることは

ネットでなんでも買えちゃうからこそ

ネットでは得られない付加価値がないと店舗運営は難しい

ということ。

ワクワクするようなサービス

どこにでもあるわけではない専門性と

専門知識のあるスタッフさんのセレクト

どのようにすればわかりやすいのか

伝わるのか

 

昔「店舗は生き物だ。同じ場所、同じ人が運営しても同じ日は1日もない」

と言われたことがあります。

まさにその通り。

ベジタスの店舗も

遠くからでも足を運びたいお店でありたいな

と思います。

 

良いものを見て感じて、

ますますやる気がでました(笑)

さあ、今日も頑張ろう!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*